メイン画像です。

限りある資源をリサイクルするための廃品回収

廃品回収といえばひと昔前は古新聞やビール瓶で、ちり紙やトイレットペーパー、あるいは少しのお金に交換してもらうスタイルが中心でしたが、今では古新聞や段ボール、ビール瓶はもちろんペットボトル、食品トレイだけでなく家具・家電、もしくは家の中を回収業者に見てもらい、洋服、着物、傘、靴、食品などリサイクルできそうな物を全部持っていってもらうということもできます。

廃品回収はそれをなりわいとする業者だけでなく、町内会やサークルなどによって活動資金を作る目的で行われたりもしています。特に、自治体によっては町内会で回収したそれぞれの品目の重さに、決められた額の助成金を出しているところもあり、ゴミを減らしたい自治体と活動資金を集めたい町内会の双方にメリットがもたらされています。

自分には不要になった品物でも、他の人にとっては役に立ったり、形を変えて別の物として使われたり、資源として再利用されたりと回収された廃品が世の中のいたるところで活躍しています。
また、携帯電話が広く普及するようになり、それに使われるレアメタルの輸入量確保が厳しい状況になって、不要になった携帯電話の回収に力をいれるようにもなりました。

いずれにせよ、資源には限りがあるのですから再利用できるものはゴミにせず、廃品として回収してもらえるものは回収してもらうのがいいのではないでしょうか?

不用品回収業者はこちらがおすすめ

関連記事はこちらから

廃品回収、中古品買取でリサイクル【テーブル買取】